ベストセラー「漫画 バビロン大富豪の教え」を読んでみた!

暮らし
スポンサーリンク

「漫画 バビロン大富豪の教え」は、お金の勉強をする早い段階で、読んでおきたいと思っていた本で、先日、Kindleでやっと読むことができました!

いろいろなお金の本が出版されている中で、「漫画 バビロン大富豪の教え」は、お金の本の原点といわれています。

ぜひ皆さんにおすすめしたいので、この本の見どころをみなさんにお伝えします!

あらすじ

「漫画 バビロン大富豪の教え」はアメリカで出版された「バビロンいちの大金持ち」を翻訳・脚本・漫画化したものです。

 この本は、バビロンを舞台に、借金のある家庭で育つ主人公のバンシルが、賢人との出会いをきっかけに、様々な大人との関わり、お金を増やす知恵をつけていく本です。また、目先の利益を求めるのではなく、「お金の先にある幸せ」についても描かれています。

 とにかくマネーリテラシーを培うことができる本です! 

なお、非常に読みやすい本で、実際に30分程度で読むことができました。漫画なので、すらすら読むことができ、最後には感動して、電車で泣いてしまいました。←

おすすめポイント① 初心者でも分かりやすい!

 お金に関する様々な本は、経済用語等の専門的な言葉がよく出てきます。投資の勉強を始めたいけど、言葉が難しくて分からないという方も多いでしょう。

「漫画 バビロン大富豪の教え」には、「ETF」や「スイッチング」といった初心者にはまだ聞きなれない言葉は出てきません。

 この本は、日々の生活の中でどのように貯金をするのか、どのようにお金を守り増やしていくのか、そしてその先にある幸せとは何か。。。!を分かりやすい言葉で、絵とともにストーリー仕立てで教えてくれます。

実際にこの本を読んだ後に、私は自分の購買欲について考えました。たくさん欲しいものがある私ですが、果たしてそれらのモノが手に入ったところで、私は本当に幸せになれるのか、一時の快楽で終わってしまうのではないかと考えさせられました。物欲がたくさんある人にとって、ふと冷静になれる一冊でしょう。

おすすめポイント② お金より価値のあるものを教えてくれる

 「漫画 バビロン大富豪の教え」は、今すぐ利益を得たい人向けの本ではありません。

すぐ利益を得る方法を、この本で学ぶことは出来ません。

 でも、この本は、「おじいちゃんやおばあちゃんになっても、自分や周りの人たちが笑っている幸せな未来を築くにはどうしたらいいか」、「お金のその先にある幸せってなんだろうか」、と漠然とした不安を抱える人たちのために、今、何をすべきか、何を学ぶべきか教えてくれます。

 長い目で見た、お金に困らず安心して生きていくための知恵を、章立てて分かりやすく説明した本です。

おすすめポイント③ 「幸せ」=「お金」ではない!

「漫画 バビロン大富豪の教え」では、「幸せ」=「お金」ではないと伝えています。

お金の勉強をしていると、ついお金を中心に考えてしまう時がありますが、この本を読むと原点に戻ることができます。お金を増やしたいと思ったきっかけや大切にすべきものを、振り返る機会をこの本は与えてくれます。

 また、本のコラムの中で「お金を持っていても、人とのつながりを持たなければ幸せを実感することができない」というお話があり、私はそれが印象的でした。わたしもかつて大切にしていたつながりを無くしてしまったことがあります。寂しくて悲しくて戻りたいと思ったり、生木を裂くような思いでした。でも、その環境から離れたことで、今の幸せがあるので後悔はしていません。ただ、また誰かとつながりたいと思い、もしかしたらこうしてブログをしているのかもしれません。

 話が逸れてしまいましたが、「漫画 バビロン大富豪の教え」は今後、お金の勉強をしていく上で、必読書と言えます!

 それは「倫理観」が養われるからです。

 お金を増やす前に、まず人として大切なことを再認識したうえで、投資等を始めた方がきっと充実した人生を送ることができると思います。

 お金に興味がある人もない人も是非一度は読んでいただきたい名著です。

こんだちゃん

 30代OL 都内在住 マイペースな資産運用で余裕のある暮らしを目指しています。ジュエリーと乃木坂46が好きです♡  

コメント

タイトルとURLをコピーしました